プロポリスの抗菌・抗ウィルス効果

プロポリスの驚異的な抗菌能力。
その力は多くのメディアや書籍で紹介されています。
その特徴は、抗菌能力だけではありません。
プロポリスには、抗ウィルス能力も高く、一部のプロポリスでは抗癌作用が期待されるほどです。
今回は、ミツバチの巣のなかで起こっている「プロポリスの抗菌・抗ウィルス効果」について、皆さんにご紹介させて頂きます。

プロポリスの抗菌作用

健康食品として人気の高いプロポリス。
そのプロポリスが、ミツバチたちの巣を守るために利用されていた事実をご存知でしょうか? 養蜂家が気がついたミツバチたちの巣の状態。
そこからプロポリスが民間薬として利用されてきた歴史があります。
本能で行動する昆虫の驚くべき知恵が、そこに隠されていたのです。
以下に、ミツバチたちが住んでいる巣の特徴を列挙します。
  • 日光が当たらずジメジメしている
  • 多くの蜂が密集して暮らしている(2万匹〜5万匹)
  • 病原菌をもった小動物や虫が外部から迷い込んでくる

少なくとも、衛生的で快適な空間と呼べる環境ではありませんね。
ご存じの方は少ないかもしれませんが、人間と同じように、虫も病気になります。
密集住宅のような状況で、1匹が病気に感染してしまったら・・・・最大で5万匹も暮らしている巣の中ならば、あっという間に感染が広がってしまうでしょう。
ジメジメした環境ならば、有害な雑菌やカビなどが繁殖する可能性も高くなります。

しかし、実際には、上記のように考えられる悪い可能性は発生していません。
巣の中は快適に保たれ、病気が蔓延することもありません。
養蜂家達が気がついたポイントは、まさにその「清潔な環境」でした。
そのポイントにある理由が「蜜蜂が作り出した柔らかなクリーム状の物質」にあることに気がついたのです。

巣は無菌状態に保たれている

近年の研究で驚くべき結果がわかってきています。
なんと、明らかに悪い環境にあるはずの巣の中の環境が、無菌状態に近い可能性があるというのです。
つまり、ミツバチは、プロポリスを巣の補修材料に使うことで、無菌状態を作り出しているのではないか? そのように考えられています。
養蜂家達が気がついたクリーム状の物質。
それがプロポリスと呼ばれ、現在まで書物や口伝で伝えられているのです。

巣だけではなく、人間の傷も消毒してくれたプロポリス

巣が清潔であることに気がついた養蜂家達は、傷の治療に使える事にも気が付きます。
切り傷や擦り傷だけではなく、腫れ物や高熱を出す病気にも利用されました。

そしてその技術は研究者に伝えられ、書物として現代に残っています。
古代ギリシャ時代のアリストテレスが執筆した『動物誌』が有名ですね。

小さなミツバチが作ってくれるプロポリス。
その優れた抗菌・抗ウィルス効果を鑑みれば、健康食品として人気になる理由についても納得なのではないでしょうか。