口内殺菌で口臭予防

化膿、切り傷、火傷等、多くの外傷に効果があると期待されているプロポリス。
紀元前の古代から受け継がれてきたその効果が、口臭予防に役立つ事をご存知でしょうか?
プロポリスの強い抗菌作用によって、悩ましい口臭の悩みが解決するかもしれません。
今回は、プロポリスと口臭予防について、皆さんにご紹介させていただきます。

口臭の原因

口臭の原因は「揮発性硫黄化合物」という物質が、唾液に混ざり合うことが原因といわれています。
ややこしい名前の化合物ですが、具体的には、口の中にいる「嫌気性菌」という種類の細菌が、タンパク質やアミノ酸を分解して作り出すものです。
この化合物は、舌の上にある「舌苔」に繁殖します。
話をしたり呼吸をすることで、舌苔に繁殖した「揮発性硫黄化合物」が臭いとなって飛び出し、嫌な臭いをまき散らしてしまうのです。

ちなみこの舌苔、新陳代謝で剥がれた粘膜上皮の細胞や、食べ物の“かす”などが舌の上に溜まった物です。
「新陳代謝で剥がれた細胞」と書けば汚らしいイメージが湧きにくいですが、つまりは「死んでしまった細胞」の事です。
息が臭くなる原因に納得できるのではないでしょうか。

プロポリスで舌苔を清潔に

そこで、プロポリスの登場です。
プロポリスの多種多様な効能は、強い抗菌作用の賜物です。
蜂の巣を清潔に保つために活用されているプロポリスですから、口の中の状態を清潔に保つのは容易なはずですね。
実際に、プロポリスを数敵垂らした水で口をすすぐだけで効果を実感したとの報告があります。
また、歯磨き粉や歯ブラシに数敵垂らし、歯磨きを行う事でも大きく違いを感じることができるそうです。
プロポリスのエキスが配合された歯磨き粉も市販されています。

プロポリスは、ほんの数滴でも効果を感じられるほど、抗菌作用に優れた物質です。
人間から立ち上る臭いの多くは細菌が原因である場合が多いため、細菌を撃退することで臭いの悩みを解消できる可能性は高まります。

プロポリスの特徴を理解して効果的に利用

プロポリスは、「万能の妙薬」のように紹介される物質です。
その効果は、決して大げさなものではなく、太古の昔から伝えられてきた確かな効果の実績に基づいています。
口の中の病原菌をやっつけるためにプロポリスを利用するのは、口臭の悩みに苦しんでいる人たちにとって、とても効果的な方法です。
しかし、どんなに万能であっても即効性はないため、やはり継続して摂取できるサプリメントや歯磨き粉を毎日使用することがおすすめです。

【参考】
プロポリスでうがい:http://www.classicauthors.net/Classics/Irving/sgeoffreycrayon/sgeoffreycrayon5.html