プロポリスの抗酸化作用

抗菌・抗ウィルスに効果があると期待されているプロポリス。
そのプロポリスに抗酸化作用があることをご存知でしょうか?
科学的な実証にて、プロポリスの抗酸化作用がある可能性が見つかっています。
つまり、人間の体内で起こっている「酸化(老化)」に作用し、進行を遅くする事が出来るかも知れません。
今回は、そんなプロポリスの抗酸化作用について、皆さんにご紹介させていただきます。

抗酸化作用とは

この抗酸化作用とは何なのか、軽くおさらいしておきましょう。
抗酸化作用とは、人間の体内で起こっている酸化の現象を緩やかにする作用の事です。
人間の体内では、血液から栄養素を取り出す過程で、「活性酸素」と呼ばれる成分が発生します。
この活性酸素は、非常に不安定な物質で、血管の中を移動しながら、周囲の細胞から酸素を取り込み、自らを安定させようとします。
その結果、本来ならば酸素を利用して細胞が活性化するはずが、活性酸素によって酸素を奪われたために活性化できなくなってしまいます。

細胞の活性化が若さの秘訣

細胞は、活性化することで常に新しく生まれ変わります。
活性化とは、酵素と酵素の働きによりエネルギーが生まれる現象です。
酵素は、酸素とビタミンを燃焼させ、細胞の活動エネルギーとして利用します。
エネルギーに満ち溢れた細胞は、若く艷やかな特徴を見せてくれます。
このように、細胞の活性化は、若さの秘訣と言っても過言ではない重要な現象なのです。

では、血液の流れに沿って、酸素を奪う「活性酸素」の働きを弱めるにはどうすればよいか?
その答えの一つがプロポリスです。
プロポリスは、活性酸素の働きを抑制する効果が科学的に認められており、細胞のエネルギー生成を邪魔させない効果を発揮してくれます。

プロポリスでアンチエイジング

細胞レベルでエネルギッシュに活動したい。
それを実現してくれる可能性を秘めているのが、プロポリスです。
プロポリスの抗酸化作用によって、体内の活性酸素活動が抑止される事実は、皆さんにとってとても興味深いものではないでしょうか。
プロポリスを継続して摂取して、いつまでも若くて健康的に日々を過ごしましょう。

【参考】
プロポリスサプリランキング:http://xn--zckzcsa6cn.biz/ranking.html