天然の抗生物質プロポリス

紀元前から、世界的に活用されていたプロポリス。
傷を治す魔法の薬のような表現が、数々の歴史書の中に残っています。
その効果は、現代でいうところの「抗生物質」に酷似したもので、強い殺菌効果が認められています。
「天然の抗生物質と言っても過言ではない」と表現されるプロポリスですが、具体的にはどのような効果・効能があるのでしょうか? そしてその根拠は、何処にあるのでしょうか? 今回は、古代から受け継がれてきたプロポリスの効果・効能について、歴史を交えてご紹介させていただきます。

紀元前から活用されていたプロポリス

紀元前485年頃、古代ギリシャ時代の歴史家「ヘロドトス」は、執筆した歴史書に
「紀元前2600年頃、北イラクにある古代アッシリアにて、粉末状にしたプロポリスを腫れ傷、炎症傷に利用」

と記載しています。

さらに、同じ古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスは、著書『動物誌』の中で、プロポリスが皮膚疾患や切り傷、感染症の治療薬として有効であると記述しています。
古代の人々は、紀元前の時代からプロポリスを外傷薬として活用してきた事が伺えます。
紀元前1601年頃には、イギリスにあるウエブスター辞典に「マミー」という記述がなされています。
マミーとは古代の言葉で「ミイラ」を意味します。
つまり、プロポリスがミイラ作りに活用されていたと推測することができるのです。

実際に、古代エジプト時代やメソポタミヤ時代に、ミイラの防腐剤として活用していたと、書物によって伝えられています。
防腐剤として機能するほど抗菌力の高いプロポリスですから、当時から塗り薬として活用されていたようです。
すでに紀元前1700年頃には、民間薬として活用されていたとの記録も残っており、プロポリスが広く認知されていた事が伺えます。

麻酔薬としても活用されていた

プロポリスは強い抗菌作用だけではなく、傷口に塗布すると、塗布した箇所が麻痺して感覚が鈍くなる効果をもたらします。
これは一種の麻酔であり、現存している歴史書には、プロポリスを鎮静剤の代わりとして利用していたと記されています。

天然の鎮静剤・麻酔薬として活用されていたプロポリスは、西洋医学によって開発される抗生物質が認められるまでの長い期間、多くの人の命を救ってきたに違いありません。
現在はサプリメントとして活躍の場を移していますが、太古の昔から愛されていたプロポリスの評価は、やはり本物であったと理解できるでしょう。

【参考】
プロポリス人気ランキング:http://xn--zckzcsa6cn1951goq6b.net/ranking.html

プロポリスの効能:http://www.eslmonkeys.com/student/lessons/free_esl_lessons.php

天然の抗生物質プロポリス:http://www.joec.org/tennnennno.html